【夜景】クリスマスは渋谷スクランブルスクエアで過ごすカップル続出?気になる料金など

【夜景】クリスマスは渋谷スクランブルスクエアで過ごすカップル続出?気になる料金など

2019年11月1日、渋谷に新たな再開発ビルがオープンした。「渋谷スクランブルスクエア」だ。

地下2階から14階までは商業施設であり、ファッション、フード、雑貨、レストラン、カフェなど様々なショップが出店する大型なショッピングエリアとなっています。その数213店舗というので、これからの渋谷のデートスポットの選択肢に入ること間違いなし。

さらに注目すべきはその屋上である。渋谷スカイと呼ぶ展望施設ができたのだ。

渋谷スクランブルスクエアフロアガイド
渋谷スクランブルスクエア
フロアガイド
Advertisement

クリスマスは渋谷スクランブルスクエア(渋谷スカイ)で夜景を見るカップルが続出?

渋谷スクランブルスクエアの屋上には、渋谷スカイと呼ばれる展望施設があります。
高さ230メートルもあるので、渋谷の景色を真上から見ることができる絶景ポイント。
これはいままでになかった施設ではないだろうか。

これから12月に入り、クリスマスシーズンに入るとかなり賑わうスポットとなるだろう。

クリスマスは彼女・彼氏と渋谷スカイで夜景を見て、レストランで食事をして、楽しい一時を過ごすというベタなこともたまには良いかも。

Advertisement

渋谷スクランブルスクエア(渋谷スカイ)への入場料金や営業時間は?

渋谷スカイへの入場料金は、WEBチケットだと1,800円、当日券だと2,000円となっていて、東京の他の展望施設と比べると若干割高感はある。
11月中は完全に予約制のため、当日チケットは販売していないため要注意だ。

WEBチケットに関してはこちらのページから購入できる。

また、営業時間は9:00~23:00(最終入場22:00)となっており、夜景はゆっくりと見ることができそうだ。

渋谷スカイ 価格表

大人(18歳以上) 中学生・高校生 小学生 幼児(3歳~5歳)
WEBチケット 1,800円
(900円)
1,400円
(700円)
900円
(450円)
500円
(250円)
当日窓口チケット 2,000円
(1,000円)
1,600円
(800円)
1,000円
(500円)
600円
(300円)

※3歳未満無料
※( )内は障がい者料金

他の施設との比較

東京で夜景が見える他の施設と比較した。
対象は、「東京タワー」「六本木ヒルズ」「東京スカイツリー」だ。

施設名 高さ 金額
渋谷スクランブルスクエア 渋谷スカイ 230m 2,000円(1,800円)
東京タワー展望台 150m 900円
東京スカイツリー 展望回廊 450m 3,000円
六本木ヒルズ 250m 1,800円

並べると割高感を感じるが、他と違うのは渋谷スカイは屋上であるということだろうか。
クリスマスシーズンはもちろん、夏は夏で花火の時期など混雑するのが予想される。

Advertisement

渋谷スカイ みんなの反応

渋谷スカイは11月1日にオープン。
訪れた人がツイッター等のSNSで投稿している。

やはり天井が無いと見える景色がぐっと増えて、臨場感も高まる。